FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中林のスマホポーチを使ってみた

 先日購入したスマホポーチにモバイルバッテリーとiPhoneを入れて、仕事中・ランニング中に使ってみました。
ナカバヤシのスマホポーチにモバイルバッテリーを収納

 ベルト(付属品ではありません)を斜めに通すと、ランニング中でも揺れにくい位置に装着できてなかなかいい感じです。
縦横のベルト通しとカラビナにありもののベルトを通す

 問題は、防水性かな。取り出しやすい前面ポケット、ってとこは雨だと濡れるだろうから何か対策を考えておこう。
 ていうか、トレニックワールドin彩の国の当日は晴れてくれ。

 ところで、ナカバヤシって昔写真アルバムで有名だった企業ですよね。スマホ関連グッズを作るようになっていたとは知りませんでした。買ったのはこれ↓ではありませんが、結構いろいろ作っているようです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中林製作所】タフレーベル スマートケース Lサイズ DC-48
価格:835円(税込、送料別) (2017/3/25時点)


 うまく業態転換したってところなんでしょうか。

 同じく写真アルバムのイメージがあるリヒトもこの辺の商品を出してますね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リヒト スマートフォンポーチ(黒)081651
価格:754円(税込、送料別) (2017/3/25時点)


 時代は変わる。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

モバイルバッテリーはどこまで使えるか検証

 今日2時間半ほどかけて約20km走りつつ、充電状況をチェックしました。
 スタート時点でiPhone6Plusの充電容量は90%。
 モバイルバッテリーの残容量は、インジケータ4つのうち3つが点灯。3分の2としても、まるまる1回は充電可能なはずです。
 走行中はRuntasticアプリを起動、画面表示はONのまま、ときどきカメラも使う、という状況でした。

 結果は…お見事、走り終わった段階でiPhoneは100%充電されていました。これなら、安心して一昼夜使えるでしょう。トレランのときは不要なWifiをオフにし、画面表示も基本オフにしておけば、万全なはず。これでコース上のどこで迷ってもRuntasticの軌跡を頼りにコースに復帰できます。

※ちなみにこちらには

http://www.smileworld.co.jp/caution/
■アプリを起動・操作している状態で長時間バッテリーから端末へ給電することはお控えください。
●モバイルバッテリーと端末を接続している状態で、端末のご使用はお控えください。発熱や火災の原因となります。

と明記されてますけどね…自己責任!

 なお、モバイルバッテリーの方はインジケータ1灯にまで減っていました。空になる前に充電した方がいいんだっけ? 大事に使おう。
Ad
プロフィール

yskinng

Author:yskinng
バイクも自転車も好きですが、最近は主に自分の足で走ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。